SFAでは営業案件をプロセスで管理

営業活動で最初に行うこととしては客先の抽出になるでしょう。データベースなどから条件を絞り、それに該当する会社を引っ張り出してきます。以前であれば飛び込み営業などをすることもありましたが効果が無い割にはストレスが大きく、業務効率は上がりません。先に絞った会社であれば、それなりに要望を聞いたりすることができます。客先を抽出しそちらにアポイントがとれたとしたらその後は受注がとれるまでをきちんと管理する必要があります。それをコンピュータ上で行うものがSFAになります。プロセスごとに管理が行えますから、この会社に対しては現在最初のアポイントをとれた状態、別の会社に対しては提案をしている状態などがわかります。プロセスがわかれば、どれくらいで受注がとれるかの予想も立てやすくなります。予算配分などもしやすくなるのです。

SFAで営業の行動を管理する

営業部においては毎日のように受注報告があります。この時毎日報告する人もいればほとんど報告できていない人がいます。報告できていない人の上司からすると心配です。なぜ受注が取れないのかです。聞いてみるともう少しで取れそうですとは言うもののその後結果が出てきません。前の話はと聞けば上手くいかなかったと言っていました。SFAでは営業の行動を管理することが出来るメリットがあります。部下が活動をしているときに現在どの段階まで進んでいるかがわかります。進んでいないようであればそれについて確認がすぐに出来ます。場合によっては同行をすることで取れにくい案件を取れるようなこともあります。案件自体が見つかっていない営業にもアドバイスをすることができます。営業経験が少ない人の場合どのようにしていいかがわからない場合もあり、それをチェックすることができます。

SFAで効率の良い営業活動を行う

SFAとは、SalesForceAutomationの略で、営業で行うプロセスの自動化・システム化を目指すことを言います。具体的には日々の営業活動や商談の内容などなど様々な情報をデータ化し、営業面での生産性を上げ、かつ、効率化することを目的とした情報システムです。SFAと聞くと不慣れですが、ほとんどの企業が導入しているシステムではないでしょうか。システム化することで、スタッフが顧客の情報共有ができ、急な来店時でも必要事項がデータ化されていれば担当スタッフがいなくても情報を共有して取得することがで、売上アップにつながると言えます。効率化だけでなく生産性向上にはまさに最適な仕組みと言っても過言ではありません。導入には費用がかかりますが、簡単なグループウェアなどでも代用が可能なので、導入を検討する価値はあります。

営業マンがSFAに進捗を入力してくれない。どこの企業も抱える悩みですが、ネクストSFAが解決します。 せっかくな有益な提案の電話を迷惑電話だとガチャ切りされたことはありませんか。それは営業するタイミングを誤っている証拠です。 ネクストSFAは見込案件をどのタイミングでどういう風にアプローチするべきか教えてくれる画期的なツールです。 SFAで営業行動を管理するならネクストSFA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SFAで業務効率をあげましょう